医療植毛について | リ・へア|ニドー
このブラウザはCSSに対応しておりません。このコンテンツはWEB標準に則った技術にて制作されています。
標準的なブラウザにて閲覧下さい。
薄毛治療:TOP>医療植毛について

医療植毛について

先端医療で行われる植毛技術とは

医療育毛には自分の毛根を移植する「自毛植毛」(Hair transplant)と
医療用に開発された人工毛を植える「人工毛植毛」(Hair implant)が
あります。それぞれメリットにあわせて選ぶことができます。

自毛植毛(Hair transplant)

自毛植毛とは

 薄毛の主な原因であるAGAは男性ホルモンの影響により前頭部や頭頂部の髪がミニュチュア化することによって起こります。しかし側頭部や後頭部の髪は男性ホルモンの影響を受けにくいという特徴があります。
  「自毛植毛」は、この特徴を生かして髪を再生する医療技術です。自分の側頭部や後頭部の活きた毛根の細胞を薄くなった前頭部などに移植します。移植された毛根は、定着すると髪は一度は抜けますがその後は、新しく生え始め、正常な毛髪サイクルを繰り返します。つまり自分の髪が場所を変えて生えることになります。


自毛植毛の手術

 「自毛植毛」の方法はいくつかありますが、一本、一本丁寧に移植するFUT(フォリキュラーユニットトランスプラント)が主流と言えます。
 その工程は大きく3段階に分かれます。まず、最初に後頭部や側頭部からドナー(移植片)の採取を行います。
 次に採取したドナーを細かく分割(株分け)します。株分けされた移植片はグラフトと呼ばれ、このグラフトをつくる作業は熟練した技術者が手作業で行うのが最良と思われます。そして経験豊かな医師による移植が行われます。
 毛包単位での移植が望ましく、将来的な状態を考慮して間隔や角度などを計算しながら植えることで始めて完成度の高い植毛が実現します。


自毛植毛のメリット

・生涯にわたって生え続ける、自分の髪が手に入ります。
  しかも男性ホルモンの影響を受けにくく、薄毛になりにくい髪です。
・一度生えてしまえば、自分の髪ですから他の増毛法とは違い、特別なメンテナンスは
  不要です。
・一本、一本丁寧に移植するニードル法ならば美しい仕上がりを実現できます。
  特に生え際は自然です。
・自分の毛根を移植するので拒絶反応もなく高い生着率で髪がよみがえります。


ページのトップへ

人工毛植毛(Hair implant)

人工毛植毛とは

 人工毛植毛は安全性と自然さを追求した優れた医療技術です。
  医療用に開発された人工毛を頭皮に一本一本定着させる施術です。使用される人工毛は人毛に近い自然さを実現するために、表面にキューティクル加工が施され、カラーも豊富に用意されています。
  植毛する人の個性にあわせて色の違った人工毛を組合せることができ、仕上がりは非常に自然で、実用的なので日常生活に不便を感じることはありません。欲しい所に欲しいだけの髪を植えることのでき、短時間で多量の毛髪を増やすことができます。


人工毛植毛の施術

 人工毛植毛は安全性の追求をはかり、安全のために一定の深さ(帽状腱膜の真上)に植えることができる専用の植毛針で施術されます。
  また人工毛の着色においても、原料の段階で人体に無害で水に溶けない無機顔料を混入する方法が採られています。


人工毛植毛のメリット

・施術は短時間で済みます。
・気になる部分に欲しいだけ髪を増やすことができボリューム感を出すことができます。
・年令や髪質などにあわせて希望するヘアスタイルが可能です。
・きちんとしたメンテナンスでいつまでも美しい頭髪を維持できます。


ページのトップへ