正しいシャンプー方法 | リ・へア
薄毛治療:TOP>正しいシャンプー方法

正しいシャンプー方法

健康な頭皮を維持するために

頭皮に残ってしまったシャンプーやリンスのすすぎ液が原因で、肌が荒れてしまったり、にきびができてしまったりする場合があります。余計な肌のトラブルを防ぐために、すすぎは十分に時間をかけて行いましょう。また、一日に何度も髪を洗ってしまうと皮脂を取りすぎてしまい、反対に皮脂の分泌量を増やしてしまう恐れがありますので適当な頻度で洗髪しましょう。


正しいシャンプー方法


髪を洗う前には、軽くブラッシングをして髪のもつれをとり、頭皮に適度な刺激が加えて髪の表面についたさまざまな汚れを落としやすくしましょう。




シャンプーをつける前に38度前後のお湯をたっぷりとすすいでください。これで埃や花粉などの汚れを落とします。すすぎが十分でないとシャンプー剤の泡立ちが悪く、汚れもよく落ちません。




シャンプー剤は、適量を手にとって、手のひらでよく泡立てから洗いましょう。髪に直接シャンプー剤をつけると泡立ちが悪い上、高い濃度の洗剤が直接、髪や地肌につくので髪の傷みの原因や頭皮に悪い刺激を与えかねません。




泡立てたものを頭全体にのせて指の腹で頭皮をもみほぐすように洗いましょう。また、しっかり洗いたい方はシャンプーで2度洗うと良いでしょう。1回目は軽く髪の汚れを落とすように洗い、2回目は少量のシャンプー剤で頭皮をマッサージするように洗ってください。また、爪を立てて強く洗ってしまうと、頭皮や毛根を傷つけてしまいますので注意してください。




洗髪後は、髪をこすらないようにタオルで軽く叩くようにして水分を取りましょう。髪の長い方は特に入念に。




濡れた髪をゴシゴシとタオルでこすってしまうとキューティクルが剥がれやすくなるので気をつけましょう。また、ドライヤーを使用する場合、熱で髪にダメージを与えることもありますので、髪から20センチ程度離し、同じ部分に長時間、温風を当てずに乾かしてください。


髪をいたわる正しいシャンプー方法を心がけましょう!

ニーズプラス(シャンプー・トリートメント・スカルプ クレンジング)製品サイト

ページのトップへ