毛髪ミネラル検査 | リ・へア
薄毛治療:TOP>毛髪ミネラル検査

毛髪ミネラル検査

毛髪ミネラル検査とは?

 毛髪から体内のミネラル成分を測定する最新の予防医学検査で、現在アメリカでは医師1万人以上が体内栄養素分析の指針として活用しています。この検査で体内のミネラルバランスや、有害金属による汚染などを把握する事が出来ます。
 毛髪は、中国では「血の余り」と呼ばれるように、ホメオスタシス(体内恒常性)の作用を受けることのない血中成分の排泄物で構成され、血液や尿よりも体内のミネラルバランスを正確に投影します。
 血液や尿の検査では測定が難しい微量有害金属の測定も毛髪検査により可能となりました。自分自身の栄養状態を正しく理解し、欠乏や過剰となる栄養素について対処することは、代謝機能の正常化を素早く回復し体力・自然治癒力・抵抗力の強化につながります。

ミネラル検査の種類と特長

検査の種類 長所 短所
血液ミネラル検査

・体内を循環しており、いつでも均質情報が
  入手できる
・短期的な変化を追跡するには最適

・長期保存が不可
・医師の指導の下による採取しかで きない
尿・便ミネラル検査
・いつでも簡単に自分自身で採取可能
・短期的な排出量の変化を見るのに最適
・消化吸収されなかったミネラルは2~3日で
  体外へ排出され長期的な情報源には不可
・郵送に適さない
爪ミネラル検査
・簡単に採取できる
・血液と比べミネラル濃度が濃い

・根元から切れないため直近の情報が取りに
  くい
・爪に現れるミネラルと体内の比較データが乏
  しい
・マニキュアや光沢剤の影響を受ける場合が
  ある

毛髪ミネラル検査
・ミネラルの長期的情報として最適
・簡単に採取できる
・欧米で30年以上臨床で実証済み
・パーマや毛染めによる影響を受ける場合が
 ある
・頭髪の無い場合には利用できない(体毛で
  代用)

 食事・サプリメントでミネラルバランスを調整

 毛髪ミネラル検査は通常の検査よりもはるかに早い段階でミネラルバランスの崩れを発見することができます。身体に必要なのに不足しているミネラルの種類や有害ミネラルの蓄積を知ることができます。例えば、髪の成長に必要な亜鉛や銅が不足しているかどうかも判ります。


毛髪ミネラル検査で判ること

  • 必要なミネラルの過不足
  • 有害金属の蓄積度合い

分析結果をもとに

  • 必要ミネラルを補う食事・サプリメント
  • 有害金属の解毒・排泄を促進する食事・サプリメント
  • 有害金属の解毒・排泄を促進する発汗・キーレーション
ページのトップへ