シャンプー剤の選び方 | リ・へア
薄毛治療:TOP>シャンプー剤の選び方

シャンプー剤の選び方

シャンプー剤の種類

シャンプー剤は大まかに分けると以下の3つに分類できます。

シャンプーの種類 特徴
高級アルコール系シャンプー
高級といっても、「高価」ということではなく、「炭素数が多い」という意味で用いられております。高級アルコールはヤシ油などの天然素材から作られるものと石油を原料として合成する方法があります。天然系と石油系に分類でき、いくつかの製法があります。どちらも洗浄力が強いのが特徴ですが、石油系は天然系より刺激性があるので肌の弱い方には不向きです。ノーマルタイプあるいは脂性っぽい頭皮タイプの方向きです。
アミノ酸系シャンプー
全般的に低刺激で知られており肌の弱い方に向いているといえます。アミノ酸系には合成と天然のものがあります。どちらも肌に優しい弱酸性ですが、アレルギー体質の方、乾性頭皮の方、頭皮トラブルのある方には合成のものより天然のアミノ酸系が向いております。
石けんシャンプー
アルカリ性で洗浄力が高く、比較的汚れがよく落ちます。他のシャンプーに比べて肌への刺激が強いので、使用頻度の高い方や、肌が弱い人には合わない場合があります。脂性っぽい頭皮タイプの方向きますが、肌の弱い人には不向きです。また、洗い上がりがごわごわと硬い感触となることもあります。

シャンプー剤の見分け方

全成分表示のルールでは、配合している成分の濃度が高い順に 書くことになっています。

シャンプーの種類 主剤
高級アルコール系シャンプー
ラウリル硫酸塩類、ラウレス硫酸塩類(ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩類)など
アミノ酸系シャンプー
ココイルグルタミン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ココイルグリシンNa、ココイルメチルアラニンNa、ココイルサルコシンNaなど ※「ココイル」とは、ヤシ油脂肪酸を意味します。ココイル以外にも、アシル、ラウロイル、ミリストイル、ステアロイルなど、脂肪酸の組成 によって名が変 わります。主剤ではなく、保湿剤としてアミノ酸を配合しているだけでアミノシャンプーと名乗っているものもあるので注意が必要です。
石けんシャンプー
石ケン素地、カリ石ケン素地(脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム)

髪をいたわる正しいシャンプー方法を心がけましょう!

ニーズプラス(シャンプー・トリートメント・スカルプ クレンジング)製品サイト

ページのトップへ